小さいアソコをなぜ気にするのか

私は10年ほど前から男性が陰茎サイズで自信をなくしたり、または自慢したりするという行為に対して、なぜ陰茎が大きいと誇らしく、小さいとダメなのかという疑問を感じておりました。

小さいアソコを気にする男性や、それとは正反対に、大きいことを自慢している男性の両極端が存在するという状況。これは、いったいなぜなのでしょうか?

男性器は大きさに関係なく、何らかの病気を除いて生殖機能は備わっています。ですが、誰から教えられたわけでもなく、男性は、自分の陰茎の大きさを気にし始めます。これは、ただ小さいから恥ずかしいという話しではなく、もっと深層心理の領域から発せられるシグナルなのではないかと思ったのです。

そして、調べていくうちに、色々な事実が見えてきました。最初は、「自尊心からくるものでは?」と、容易に考えていたのですが、本当はもっと男性としての本能による可能性があるという事が見えてきたのです。その事実を理解する為にも、まず先に、陰茎の小さい男性が最も気にしている、女性たちが小さい陰茎についてどのように思っているのかについてご理解ください。

ペニス増大人気ランキングBEST3


小さいペニスに対する女性のホンネ

陰茎の小さい多くの男性が意識せずにはいられない、女性から向けられる軽蔑のまなざしへの恐怖。小さいことを気にする男性の抱える不安の大半が、イザという時に、あまりにも小さいと相手にバカにされるのではないかという事や、その後、自分の陰茎が小さい事が女性独自の持つネットワークを通じて、あらゆる方向へ広がっていくことへの恐れです。

自尊心(プライド)が傷つくことへの恐れ以外の何者でもありません。では、当の女性達は、男性が自分の陰茎が小さいことを気にしている事に対して、どう思っているのか調べてみたところ、以下の一言で片付けるパターンが多くありました。

「相性が悪い」

女性自身としても、「大きいのが良いに決っている!」という事は自分が性に対して淫らな印象を持たれるという事を回避する為に、セックスの相性が悪いという言い方で片付けるパターンが多かったのです。

男性からすれば、セックスの相性とはテクニックや相手とのやり取りの部分であり、相性が悪いと言えば、テクニックや射精にいたるまでの時間が早いことだと思われがちですが、本当の所は「陰茎のサイズ」が大きなウェイトを占めていたのです。

そんな女性の中でも、少数派として、陰茎の小ささはあまり関係ないという意見もありましたが、その分テクニックでカバーしてくれないと絶対満足できないという、一見安心させながら、それ以上のハードルを用意しているという場合もありました。

また、実体験ベースの回答では、「イケメンなのにアソコが小さいと本当に残念だと思った」や、「ヤンキーで威張り散らしているのに、アソコが小さすぎて入っているのかわからなかった」という、手厳しい意見も散見することができます。

ですが、これは、ただ大きさに満足できるかという事だけではなく、女性自身が自分の自尊心を傷つけられたくないという深層心理からくる場合もあります。

あなたのペニスが小さいことで女性も傷つく

いい感じになった女性が居て、ようやくセックスのチャンスが巡ってきた。短小ながらも、あなたの陰茎はガチガチに硬直し、相手に迎えられるそのトキを待ちわびています。そして遂に入ったその瞬間、女性は無反応でまったく表情が変わりません。動かしても何の反応もしてくれない。

この場合、あなたの陰茎が小さいことで、女性自身も自分の陰部が緩いのではないだろうかと不安になっている場合があるのです。

特に、今まで数人しか男性経験がなく、男性の陰茎サイズに対しての比較対象あまり知らないピュアな性器の持ち主が、あなたの陰茎サイズが小さいことで、相対的に不安感を抱いてしまうのです。

不安になった女性は、自分に自信を取り戻すために、他の人に意見を求めるようになります。これは、女性がみんなと同じでありたいという深層心理から来る行動なので、本人もセーブできません。

この時に友人に相談することで、あなたの陰茎サイズが小さいことが発覚してしまう場合もありますが、それ以上に怖いのは、男性に意見を求めるパターンです。男性に意見を求めると言っても、直接聞くわけではなく、セックスの時に相手との感度を確かめることで、自分のサイズが緩いのかどうなのかを確かめようとします。

一度別れた女性は、切り替えが早いとよく言われますが、これは、付き合っている・いないに関わらず、セックスの相手探しも一緒です。そもそもの原因は、「緩いのかも」と不安を与えてしまったあなたにあるので仕方有りません。

ペニスが小さくても女性を喜ばすには

ここまでは、陰茎の大きさに対して、性の対象となる女性の意見を取り入れた内容でしたが、陰茎が小さいあなたでも、唯一救いとなる意見がありました。それは、勃起時の硬さです。女性に以下のような質問をしてみました。

Q : 大きさと硬さを選ぶとしたらどちらですか?

この質問に対して、多くの女性が硬さを選んだのです。また、ある程度の経験人数を重ねた20代後半から20代の女性の多くが硬さを重要視しており、反対に、女子高生や女子大生などセックス経験がまだ少ない10~20代前半や、セックスの経験が多い30代後半の女性の多くは、大きさを重視しているという結果となりました。

これは、10~20代前半は、セックスの醍醐味がアソコのサイズやルックスを含めた男性のスペックである事が重要視され、また、30代後半になると、膣内も緩くなってしまうために、大きいものじゃないと十分な満足が得られないという事が関係しているように思われます。

それに対して、20代後半からは、自分の体のケアを意識し始めることもあり、あまりにも大きいと、その後ユルユルになってしまうことに対して懸念を感じていること、また、ある程度の経験人数を重ねてきたことで、セックスの醍醐味がわかってきたことも関係して、「硬さ=相手の気持ちが自分に向いている」という思考でとらえているようです。

陰茎が小さくても硬さを維持できれば、女性は満足してくれるかもしれません。どこまで本心かは不明ですが、女性の一意見として捉えてください。

大きさを自慢する男性には魅力を感じない

大きなペニスの持ち主に対して、女性はどう思っているのかについて調べてみたところ、「大きさを自慢する男性は最低!痛いだけで気持ちよくない」という意見や、「大きくてもフニャチンだと全然気持ちよくない」など、辛口な意見がありました。この意見を逆の視点から捉えると、小さい陰茎だからと言って、あまり凹むことは無いという希望が持てる意見でもあります。

ですが、「小さいと言っても限度がある」という意見も多数あり、他にも「ある程度の小ささなら我慢できる」と言ってる意見の裏を返せば、我慢できるサイズのボーダーラインが存在していると言っているようなものです。

無意識的にも陰茎の大きさに基準を持っているという事は、経験からかDNAからかは判断できませんが、自分が子供を身ごもる為に必要な男性器のサイズを本能的に理解しているものだと推測されます。この辺りの思考に関しては、西洋医学では女性の脳の研究がまだ未達成の為、メカニズムを理解するのは難しいところです。

ただ、女性が陰茎サイズの基準を持っているように、男性にも、同じ様な判断能力が備わっている場合もあります。それが、陰茎サイズで一喜一憂することに関係しているのかもしれません。

大きさを気にするのは男性の脳からのシグナル

男性が陰茎の大きさにこだわったり、どこそれとなく不安を感じるのは、生殖能力に対して本能的に感じている場合があります。これは、膣の奥に届く大きさを持っていないと、子孫を残すことが難しくなるからです。

太さや大きさを必要とするのは、女性の膣内の壁との摩擦を得る行為(膣刺激)により、オーガズムを感じ射精へと至る為、陰茎が小さいことで摩擦の距離が短い、細いことで膣内壁との摩擦を十分に得られないという、刺激を得る能力が低いという自己理解を脳は示しているのです。

刺激が得られないということは、気持ちよくなれないだけだと思われがちですが、場合によっては、大切な陰茎がセックスの使い物にならない危険性をはらんでいます。

その危険性とは、セックスにより刺激が得られないと、男性の不妊症の一つである膣内射精障害となってしまうという事です。

膣内射精障害とは、男性の自慰が原因で起こるとされている男性の不妊症ですが、陰茎が小さいことを気にして女性とのセックスに自信をなくし、毎日自慰三昧を繰り返していくことで、気がつかない内にセックスしてもきもちよくならない体になっていくのです。

これらの事実も関係して、陰茎が小さいという事で脳が何らかの打開策を求めている為、小さいことを気にするという脳のシグナルかもしれません。ですが、まだ行動を早まってはいけません。まず、本当にあなたの陰茎が小さいのかどうかを確認すべきです。

どの位の大きさがあれば女性は満足するのか

では、どの位の大きさがあれば良いのかを理解する上で基準となるのが、日本人の平均を満たすサイズです。この平均サイズがあれば、女性とのセックスに耐えうる大きさだと判断できます。

日本人の陰茎サイズ平均:約12cm(±1cm)

これは、日本人が子孫繁栄を行ってきた中で平均となっているサイズですので、一番子孫を残してきた男性のサイズがこの数値に集約していると推測されるので、ある程度の信頼性の持てる情報です。あなたも、恐れずに自分のサイズが日本人の平均値なのか、それとも、平均以下なのかを測り、現状を把握してください。

もしも、勃起時に12cm以上あるのであれば、あなたが陰茎に対して気にしているのは、脳からのシグナルではなく、情報氾濫のいたずらによる不安のあおりが関係している取り越し苦労かもしれません。勃起しても12cmに満たないという場合は、脳からのシグナルである可能性もありますので、正しい陰茎増大方法について、一緒に考えていきましょう。

ペニス増大方法のメリット・デメリット

まず、陰茎増大方法に取り組む上で、メリットやデメリットが存在する事を忘れてはいけません。

ペニスマッサージ

ペニスマッサージとは、陰茎自体を手でマッサージしながら増大を目指すという方法で、専用のオイルなどを使い、筋肉をほぐすように弛緩しながら、もみしごいていく方法です。ですが、この方法ではペニスは大きくなるどころか、形が歪曲してしまったり、亀頭の出っ張りがなくなったという報告もあります。

また、マッサージとオナニーの違いは?と聞かれたら、答えられるでしょうか。あれだけしごいても陰茎増大できないのですから、マッサージで大きくなるという期待はあまり持てません。そもそも、陰茎は海綿体組織で形成されており、筋肉ではないので、揉みしごいたからと言ってどうなるものでもないのです。

錠剤の服用

錠剤を引用することで男性ホルモンの分泌を促して、止まってしまったとされる陰茎の成長を促進するという方法です。この方法は、男性の持つテストステロンというホルモンの分泌を活性化して、男性器の成長に働きかけるというものですが、男性ホルモンが増えることで、心配となるのが抜け毛や機能障害です。

これは、5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモン(テストステロン)をジヒドロテストステロンという物質に変形させることで体毛が濃くなり、逆に頭の毛は抜け落ちてしまうという作用によるものです。また、肝機能障害や中毒、前立腺にも危険な影響をもたらすと言われています。

吸引ポンプ

性器サイズの試験管のような瓶に陰茎を挿入し、先端についたポンプで中の空気を抜き出し真空状態にする事で、吸引するという方法です。

この方法は、使用後すぐは効果的のように思われますが、これは、真空にする事で、陰茎に血液がたまりやすくなるだけなので、一時的な効果しかないと言われています。また、吸引することで、毛細血管から無理やり血液を出すという事は、うっ血する危険性もあり、症状が続くと、大切な陰茎がドス黒くなってしまう場合もあります。

このように、どの陰茎増大方法も、一度失敗すると、取り返しの付かないことになりかねません。その危険を回避して、陰茎増大を成功させる為にも、鍵となる海綿体組織とはどのようなものなのかを理解しておく必要があります。

ペニス増大の鍵は海綿体のサイズアップ

陰茎増大する為に一番の肝となる海綿体は、スポンジ状の組織で3つの海綿体から形成されています。海綿体は、脳が性的興奮を覚えることで、組織の中に血液が送られて勃起状態となりますが、勃起は、海綿体自体が大きくなるのではなく、静脈洞と呼ばれる海綿体の小部屋の中に血液が注ぎこまれることで大きくなるのです。

ということは、これらの空間の持つスペースを1mmでも広げることができたら、総合で数センチのサイズアップを実現できる可能性があります。海綿体組織の静脈洞の空間拡張できる正しい方法を見つければ、陰茎増大は可能という事です。

では、陰茎サイズを実際に大きくする方法ですが、まず、一般的には勃起回数を増やす事が効果的という意見もあります。ですが、海綿体の静脈洞自体が、血液の圧力で簡単に拡張するようになれば、どこまでもサイズが大きくなってしまうと言っているようなものであり、そんな状態を引き起こしたら、脳に血液が足りなくなり、人は死んでしまいます。

血液の圧力には耐えられる強度を持っている組織なので、そんな簡単な話ではありません。ですが、血液の圧力よりやや強い力をかけ続けたら、海綿体は新しい刺激に対応しようと組織形成を繰り返す可能性があります。これは、歯の矯正治療である歯列矯正と同じ様な作用を狙ったものです。

歯の矯正治療は、歯を強引に動かすことで、圧迫されたあごの骨の組織が分解され、反対に空間ができたところにカルシウムが再構成されます。これと似た原理、強引に動かし組織の再構成を狙った方法が、海綿体でも応用できるという考えです。

歯の矯正治療のしくみを応用した陰茎増大方法

そうです。引っ張ることです。引っ張ることが、組織の伸長にもっとも利に適っているのです。では、どのように引っ張るかですが、歯列矯正と同じように、一定の力をかけ続ける必要があります。この方法として代表的な2種類の方法をご説明します。

指の間ではさみながら引っ張る

人差し指と中指で、手のひらを上に向けた状態で、亀頭サイド出っ張ったところに引っ掛けます。そして、親指で亀頭の出っ張ったところの最長部を引っ掛けて引っ張るのです。これを毎日くり返し行う事で、少しずつ矯正治療と同じ効果を発揮するというものです。

専用牽引器具を使用する

もうひとつは、牽引技術を応用したマシーンに頼るというものです。これは、指で引っ張るの事と基本原理は一緒なのですが、西洋医学による研究データから算出された牽引力や牽引時間を臨床データにより裏づけされ散る専用マシーンを使って引っ張るという方法です。

やはり、男性器は人体組織の一部ですので、個人の主観で行動してしまうと、取り返しの付かないことになりかねません。しかも、セルフで一日5分でも引っ張る時間を確保するのは難しいという場合もあります。

そういう方には、医学の力を利用するという方法があります。実際に医療機関からの承認や推奨がある専用マシーンですので、ある程度効果の信頼はできます。あとは、あなたの取り組み次第といったところです。

もしも、陰茎サイズを大きくすることで叶えたい希望があるなら、その希望を目標としながら、日々努力する事で、ペニス増大の可能性は広がります。また、自分の為に真剣に取り組むことで、絶対にプラスなるものが出てくるのです。

ペニス増大人気ランキングBEST3


アンドロペニス